失神願望のドM小学校教師NEWペット人妻 初撮りドキュメンタリー 「男性経験は旦那を入れて二人だけです」 生セックス中に旦那に電話+中出し後に失神気絶する純粋若妻 DISC.1

http://dvd-dvd360.com/pkgdetail/pid_58481.html



更新日: 2018/11/08

カテゴリ: 個人撮影

スタジオ: FC2

ファイルサイズ: 895MB

彼女と会ったのは知人の紹介だった
待ち合わせは駅前の喫茶店
少し遅れて彼女がやってきた
清楚 控えめ 童顔
そんな印象が私の中に残っている
子供はいない若妻
スタイルもいい
あまり男慣れしていない
会話の中でそんな印象が増していった
「現在、小学校の教師をしております」
「男性経験は旦那を入れて二人だけです」
「ずっと打ち明けられずにいましたけど、自分でもビックリするくらいなドMです」
「アダルトビデオもよく見ます。そして〇〇されたり、失神させられたり
最後に気絶させられたり、そんなことをしてみたいです」
こんな童顔の彼女からこんなセリフが出るとは思わなかった
後日、改めて会いましょう
そして別れた 雨の日だった
今日が実際の調〇最初の日
今日は時間より早くやってきた先生
ドアがノックされて彼女が入ってきた
黒いシャツに水色のスカート

若い主婦が好みそうな恰好
小学校の先生のイメージそのものだった
「初めまして。今日、初めて調〇されに来ました。普段、小学校の教師を
しております。」
「普段は〇〇られて気絶するくらいにされたいです。そんなドMな私です。
今日はよろしくお願いします」
笑顔が見える
調〇とは楽しいものでなくてはならない

午後
「こちら、失礼します」
そう言ってソファに腰かける先生
「メールで指示されていたので、何をするか分かっております」
「脱ぎますので、身体を見てください」

そう言って立ち上がるメス犬
スタイルもいい
脱衣
ピンクのパンツ
お揃いのピンクのブラジャー
「普段、人前に出るのは慣れているんですけど。ご主人様の前だと
恥ずかしいです」

普段、の前で授業をしてる先生
そう考えると興奮する
美乳
美尻
適度に処理されたヘア 膣
全裸になった先生
静かにソファにすわってM字開脚
優等生
私がメールで指示したことを理解している
私は素直に嬉しかった
「私の恥ずかしい所、見てください」

そう言って自らマンコを広げる
まだ若い子供のいない綺麗なマンコだった
私は接近した
「恥ずかしい。旦那にも、こんなに近くで見られたことないです」

吐息が漏れる
「ご主人様。ドMな私を攻めてください」
私は指で膣を撫でていった
既に湿っている
「気持ちいい」

喘ぎ声が出始める先生
膣内をさらに弄っていく
ピチャピチャ音が聞こえる
「もっといじってください」
私はクリトリスを弄っていった
当然、高まる喘ぎ声
調〇の始まりだった
「中に入れてください」
私は指を膣内に挿入していった

凄い濡れ方だった
「もっと、もっと」
超ドMな教師の本領発揮だった
「ご主人様の指、気持ちいい」
「クリトリスが凄く勃起してるのが、分かる」
悶える人妻

私はローターのスイッチを入れた
そしてクリトリスを弄っていく
嬌声
「凄い気持ちいい。グリグリしてください」
一気に高まる室内の熱気
「ご主人様。私のドMなオマンコにローター入れてください」
叫んだメス犬

私はローターを膣内に挿入した
ビクンと波打つ小柄な体
悶える若妻の乳房を揉んでいった

乳首も弄っていく
「乳首もつまんでください」
そうする
反応が非常にいい
感性としてのドMが彼女の心情だった

午後
クリトリスを擦っていく
膣からは愛液が垂れている
絶叫
「ご主人様。イってもいいですか?」

昇天
エビのように痙攣する先生
「ご主人様、〇〇してください」
「そして気絶させてください」

望んだメス犬
私は〇〇た
そして失神させた
息はしている 気を失っている
全裸の先生がそこにはいた

私は彼女の頬を叩いた 覚醒させるために
目覚める下僕
「ご主人様、最高です。次は私のオマンコ舐めてください」

さらに望んだ
私はカメラを彼女に持たせた
そしてクンニ

私の唾の音 舐める音が室内にこだまする
2分間 ひたすらに舐め続けた
当然の昇天
激しい息遣いの全裸の先生

午後
「ご主人様、もう我慢できません。オチンチン、しゃぶってもいいですか?」
私はもちろん頷いた
舌を大きく出して亀頭を舐める
若い躍動感のあるフェラチオ

「旦那より凄い大きいです」
竿を飲み込む
大きいストロークを見せる

心地いいフェラチオだった
メス犬のように裏筋 竿全体を舐めてくれる

「私は、ご主人様のメス犬、ペットです。もっとイジメテください」
しゃぶり続けるメス犬だった

私は彼女の頭を押さえ付けた
グリグリとチンポに押し付ける
イラマチオ
手を放すとむせ返る人妻

それでも嬉しそうな先生
連続イラマチオ
三連続イラマチオ
「凄い最高です」
すぐにフェラチオ
優等生
さらに三連続イラマチオ
私のチンポは彼女の唾でベトベトだった
「ご主人様。もう我慢できません。チンポをマンコに入れてください」

ついに求めてきた
正常位生挿入
濡れ切ったマンコの感覚
若妻の激しいセックスの予感がした

今日一番の嬌声
喘ぎ声で室内が埋まる
ピストン運動
チンポがマンコの奥まで当たっている
子宮の壁に当たっているのが分かる

緩急をつけたピストン運動をしていった
「ご主人様、気絶するまで〇〇ください」

私は〇〇た
「気持ちいい」
叫ぶメス犬
彼女は落ちた
ビンタで覚醒させる
さらにピストン
「ああ、イッチャイそう」
昇天
激しい息遣いの全裸の下僕

そんな彼女に私は携帯電話を渡した
さすがに驚く人妻
私は旦那の電話番号を押した
「もしもし。ごめんね。急に電話かけちゃって。忙しいよね」

私のチンポはしっかりとマンコに挿入されている
そして突いていった
漏れる喘ぎ声
「ああ、いや。何でもないよ。ちょっとムセチャッタ。」
「風邪かな?喉いたくなっちゃった」

上手く誤魔化す先生
私は彼女の乳首を弄っていった
必死に喘ぎ声を我慢する
「ああ、ごめんね」

気持ちいいのか?上手く会話が出来ないメスブタだった
「今、休憩中なのかな?今日のご飯何にしようかなって?」
私のチンポは容赦なくマンコに挿入されている
そして激しいピストン
「ごめんね。ちょっと外に出てて」
「買い物中だから、ちょっと気になっちゃって」
必死で誤魔化す人妻
「うん。シチューでいい?分かった。じゃあまた電話するね。はーい」
慌てて電話を切る若妻
「ご主人様、凄い興奮しちゃった」
私はさらにピストンしていった

自ら乳房を揉んでいく先生
「ご主人様、中に精子入れてください。子供が出来ても構いません」

叫んだ
絶叫
大絶叫
膣内射精
精子を流し込んでいった
感覚で分かる
チンポをマンコから引き抜く
垂れ落ちる精子

「ご主人様、もう一度、〇〇してください」
私は〇〇た
二回〇〇た
失神
ビンタを私はした
今度は覚醒しない人妻
窓を開けて空気を入れる 
問題はない 息はしている

そんな午後
普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子
私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています








※無修正DVD・裏DVD販売サイト 無修正DVD360※

無修正DVD・裏DVD販売サイト 無修正DVD360は年中無休、24時間営業で無修正アダルトDVDをオンラインで販売しています。20000タイトルの中からお好きなDVDをお選びください!郵送でよくある”DVDを開けられた” や ”明細にアダルトDVDと記載された”などの心配が一切ありません。安心してご購入いただけます。
2018.11.15 / Top↑
[PR]
 X 閉じる
MORK